仕事で悩み、リストラや不安と感じたひと

臨床

あなたの気持ちの中には・・・

もっと成長したい。

もっと知識と技術があれば。

もっと自信をもって、後輩指導したい。

役職管理者が見てきた仕事がつまらないと感じてしまう人へのアドバイス
 

セラピストになり臨床経験数年目で、いろいろと考えてしまい、不安を感じている人。

仕事で悩み、職場を変えようと考えている人もいます。

この記事が少しでも参考になる人

・仕事で悩んでいるひと

・仕事を辞めたいと感じているひと

スポンサーリンク

臨床現場で業務方法に悩む人

なんとなく働き方改革を導入した臨床現場。
担当患者数は変わらない、業務量も減らない。まして、増えるばかり・・・

リハビリ介入⇒カルテ記載。
カンファレンス⇒計画書作成・説明と同意をしてサインをもらう。

臨床現場であらゆる疑問・不満がたまってきます。

楽しく働けている?? これでいいのか??

トップダウンで指示がおりてきたら、どう解釈しますか?理解してますか?  
臨床業務を通じて、日々感じていることは何ですか?

稼ぎたいから・・?臨床がしたいから・・・?

自分自身が出来ることは何ですか?

臨床業務は、患者介入してカルテ記載。その繰り返し・・・
必ず振り返りをすると、過去を変えることは出来ないけれど、
臨床での仮説検証の解釈を変えることは出来ます。

過去にとらわれずに、経験にするかはあなた次第となります。
「あの時はあの時、今はいま」

セラピストとして知識・技術を身に着け、臨床業務を行い利用者に喜ばれる。

周りの環境に感謝して切磋琢磨する。臨床業務で成長できる環境に身を置く、
資質も大事だが、そのような環境に身を置くのも必要である。

スポンサーリンク

臨床業務のコツ

思い悩んだら、刺激を増やして、インプットを増やし
アウトプットをすることで自分自身を整理してみることも一つです。

研修会・講習会への参加も一つの刺激となります。

研修会・講習会の講師の勉強内容以外で、講師の先生方が臨床業務をどのように捉え、
進めていくのか?を知ることも刺激となるはずです。

まずは、マネしてみてもいいと思いますよ。

臨床の経過・臨床の仮説検証の立て方など・・・

または、いつもと違う領域の研修会に参加して、違う刺激を受け臨床の考え方の
幅を増やすことだけでも、やりがいを増やせることとなります。

刺激を増やして、インプットを増やしてアウトプットをすること。

まずは、一つの工夫ですが・・・
通勤方法を変更してもいいとおもいます。
いつもと違う道を通るだけでも・・

違う雰囲気・景色が刺激となり創造力が増すかも。
指導を違う人へ聞きに行くことだけでもOK。
臨床の見方・捉え方も刺激となります。

それでも、臨床業務や生活で悩むひとへ
嫉妬・不満・恐怖・不安を感じてしまう人は、
新しいチャレンジを踏み出すことが大事。

どのように楽しむか(充実した環境へ身を置き換えていくか)
こころのよりどころ、生きる楽しみ方、幸せとなる方法。

しかし分らない・・・。

自分は幸せ?仕事をして悩むことや上司との関係性、クレームなど・・・。

職場環境を一変させることや状況を変えることよりも、幸せを感じれるようになること、
それは、幸せに感じたことを何かに記載してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

働き方改革というはっきりしない制度を導入されたが、

逆に働きにくくなってしまった臨床職場で働くリハビリスタッフも多く感じます。

頑張りすぎない。しなやかに生きる。

臨床業務はやりたいけど、職場環境で悩むひとに少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました